ヒメマス(チップ)2011/06/04 15:33

札幌の友人からヒメマス(チップ)が送られてきた。6/1の内水面解禁で釣れたもので、釣ってすぐに冷蔵便で送ってくれたもの。みんな塩焼きにして食べました。

ヒメマスはベニザケの陸封型

ヒメマスは、ベニザケの陸封型。ベニザケは、他のサケと同様に、川の上流で産卵するが、その後河川の途中にある湖で1年~数年成長し、その後スモルト化して、降海する。日本国内ではほとんど再生産されていないとされている(北方領土の択捉島には降海性のベニザケがいるが)。
今では、陸封型のヒメマスは、国内の湖に広く分布しているが、これはほとんどが他の湖から移植されたものであり、原産は北海道と阿寒湖とチミケップ湖の二つの湖に限られる。

サケ類の中でも特においしい種類

ヒメマス、ベニザケ共に、とてもおいしい。とくにベニザケの塩蔵品がおいしいのはポピュラーだ。ヒメマスも当然うまい。特筆すべきは、ヒメマスは刺身でそのまま食べられる点で稀有な存在。海で獲れたベニザケはアニサキスが寄生する可能性あるため、冷凍処理が必要。対してヒメマスは淡水で育つため、アニサキスの心配がなく、生のまま刺身で食べられる。これは超うまい。(随分たべてないけど)。舌の上でとろけるとはこのこと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
下のボックスに、半角数字で"1212"と入れてください。すみません、スパム対策でお願いしています。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dolly.asablo.jp/blog/2011/06/04/5896508/tb

K's Outdoor トップページへ へ戻る