クニマスが西湖で発見されたとは驚き2010/12/18 22:16

クニマスというマスが、西湖に生息していることがわかったというニュースに驚いた。今頃になって、こんなことがわかるんですね。西湖の人たちはクロマスって言ってたみたいで、結構な数が漁獲もされていたということ。
新種?というか、種類もわからないマスが延々と誰もクニマスとは気付かずいるとは、日本も平和な国だと妙に安心させられる。
それにしても、どんなマスなのか?正体を早く知りたい。ヒメマス(ベニサケの陸封型)に似てるのは確からしいが、ちょっと調べてみると、結構違う部分が多いようだ。幼魚のパーマークなども特徴的で側線の上側にだけあるとか?...
これで西湖の人気があがりそうだね。つい先日、テント洗いに行ってきたときはのんびりとした雰囲気だったけど。社会人になりたてのころ、釣りじゃなくて、ウインドサーフィンやりによく行った湖です。もう20年以上まえだけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
下のボックスに、半角数字で"1212"と入れてください。すみません、スパム対策でお願いしています。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dolly.asablo.jp/blog/2010/12/18/5589537/tb

K's Outdoor トップページへ へ戻る